使い方

ドルチェグストとバリスタの違い!分かりやすく解説します

テレビCMでもよく見かける「ネスカフェアンバサダー♪」でおなじみのドルチェグスト。私が今持っているのはドルチェグストなんですが、前に働いていた職場にバリスタがあったのでいつも使っていました。

では、バリスタとドルチェグスト、どう違うのか分かりますか?

一言で簡単に表すなら

バリスタ…インスタントコーヒーをワンタッチで抽出してくれるだけだがコストは安い

ドルチェグスト…色々な種類のカプセル式コーヒーで本格的な味わいが楽しめるがコストはバリスタよりやや高い

と言った感じでしょうか。

この違いを知っているからこそ私はバリスタは持っていないし、ドルチェグストで良かったと感じています。

誤解のないように言うと、別にバリスタが良くないという意味ではありません。私にはドルチェグストの方が相性が良かっただけなんです。これは違いをしっかりと把握しているからですね。

この記事では、バリスタとドルチェグストの違いをさらに徹底比較して、どちらを買おうか迷っている人に分かりやすく解説したいと思います。

バリスタとドルチェグストの違いを表で徹底比較

バリスタ ドルチェグスト
抽出 ◎ エコ&システムパック スーパーなどでも買える ◎ カプセル 種類は限られるがスーパーなどでも買える
手軽さ ◎ ボタン一つ 〇 いくつかの工程がある
コスパ ◎ 一杯約20円~ 〇 一杯約50円~
メニュー △ 6メニュー ◎ 46メニュー (2019年5月現在、cafe606調べ)
お手入れ 〇 毎日3パーツ水洗い ◎ 1回使用毎に1パーツ水洗い
向いている人 コーヒーのみを手軽に楽しみたい、職場にも◎ 色々なメニューをより美味しく楽しみたい、家庭向き

ドルチェグストは先ほどもお話しした通り、多彩なカフェメニューを楽しめてさらに鮮度の高いコーヒーを飲むことができるコーヒーマシンでした。

詳しく見ていきましょう。

バリスタとドルチェグストの抽出方法の違い

バリスタとドルチェグストは抽出方法に大きく違いがあります。バリスタはレギュラーソリュブルコーヒー(インスタントコーヒー)を抽出方法、ドルチェグストはカプセルをコーヒー専門店並みの高気圧で抽出します。詳しい違いを見ていきましょう。

バリスタにはエコ&システムパックを使う

バリスタ エコ&システムパック

バリスタは、バリスタ専用の「エコ&システムパック」を使用してコーヒーを抽出します。

レギュラーソリュブルコーヒー

エコ&システムパックの種類は11種類。中身はいわゆるインスタントコーヒーですが、ネスカフェこだわりの「レギュラーソリュブルコーヒー」です。

通常のインスタントコーヒーは、コーヒー豆の抽出液を乾燥させて粉末状にしたものを言います。それに対しレギュラーソリュブルコーヒーは、微粉砕したコーヒー豆の粒を包み込むネスカフェ独自の「挽き豆包み製法」で作られています。そのため、コーヒー豆の最大の敵である酸化の原因となる空気に触れにくくなっていているんです。

そんなこだわり製法の「レギュラーソリュブルコーヒー」を、一杯約20円ほどとお得な値段で飲めるのがバリスタです。また、詰め替え用を手軽にスーパーなどで手に入れられるので続けやすいです。定期便を使うと、マシン代無料で2~3か月おきに自宅に詰め替えを届けてくれるので、買い物の荷物も増えないし、手軽ですよ。

ただし、やっぱりインスタントコーヒーなので、ドルチェグストほどの高クオリティな味は楽しめません。毎日飲むインスタントコーヒーを均一な味で、手軽にお安く飲みたい、コーヒー以外のメニューには興味がない人に向いています。

ドルチェグストはカプセル式

ドルチェグストはカプセルでコーヒー抽出しますが、カプセルには厳選した香り豊かな引き立てのコーヒー豆を酸素を抜いて密封しています。さらに、特殊技術の5層構造によって酸化を防いでいるので味が落ちることなくコーヒーの最大限のおいしさを楽しめるようになっています。

さらにこのカプセルを、「コーヒー専門店並み」の最大15気圧で抽出するから、いつでも淹れたての味と香りが楽しめるんです。

カプセル自体はスーパーでも種類は限られますが手に入れることができます。マシン代無料・カプセルを2か月ごとに届けてくれる定期便だったら、最大10%オフでカプセルを購入できて、家に届けてくれるのでものすごく便利です。私も定期便で購入していますよ。

バリスタとドルチェグストの手軽さとお手入れ方法の違い

バリスタはボタン一つでさっと抽出できますがお手入れがドルチェグストよりやや面倒です。一方、ドルチェグストはカプセルを入れて湯量を調節し、抽出するという工程がありますが、お手入れはかなり楽です。詳しく見ていきましょう。

バリスタの使い方はボタン一つでできるけどお手入れが3パーツある

バリスタの使い方は簡単で、あらかじめ水とエコ&システムパックからコーヒーをタンクに詰め替えておけば、ボタン一つで簡単に抽出できます。また、ラテメニューにしたい場合は、ネスレブライトをカップに入れて、ボタンを押すと簡単にできます。

ドルチェグストの使い方は後ほど説明しますが、ボタン一つでというわけではありません。(それでも慣れたら簡単です)

ただし、掃除の手間はバリスタの方がやや手間です。といっても、毎日3パーツを水洗いする必要があります。この洗浄を怠ると、インスタントコーヒーがパーツにこびりついて、美味しいコーヒーが飲めなくなってしまいます。(職場で経験済み 笑)

ドルチェグストは抽出まで工程はあるが、お手入れは簡単

詳しい使い方は「ドルチェグストジェニオアイってどんなマシン?使い方は本当に簡単?徹底解説」にて説明していますが、ドルチェグストのタンクに水を入れた後、

  1. カプセルのメモリを確認して抽出量調節ホイールを合わせる
  2. ロックハンドルを上げてカプセルを入れる
  3. ロックハンドルを下げる
  4. 抽出ボタンを押す

という4工程があります。

抽出量ホイールとは、カプセルごとに決まっているお湯の量を調節できる機能です。画像の場合7メモリと書かれているのでホイールを7に合わせます。また、これはあくまで目安なので、濃く入れたい場合は抽出量ホイールを6以下に合わせればOKです。

一見難しそうですが、1回使うと簡単なので操作方法はすぐ覚えられます。

また、お手入れは1パーツをさっと水で洗い流すだけなので簡単です。

バリスタとドルチェグストのメニューとコスパは?

次にバリスタとドルチェグストのメニューとコスパについて見ていきます。

もうお分かりの通り、バリスタはメニューが少ない分一杯約20円~、ドルチェグストはメニューが豊富で一杯約50円~です。

バリスタで楽しめるメニューは6つ

基本的にアレンジはコーヒー系であるカフェラテやカプチーノ、エスプレッソ、アイスコーヒーなど6つのメニューが楽しめます。ドルチェグストと同様、クレマも楽しめます。

ただし、カプチーノやカフェラテを楽しむ際にはカップに「ネスレ ブライト」を入れてバリスタからコーヒーを抽出する必要があります。

ドルチェグストで楽しめるメニューはなんと46種!(2019年5月現在、cafe606調べ)

ブラックコーヒー
(10種類)
コロンビア-シエラネバダ- リッチブレンド モカブレンド
オリジナルブレンド アメリカ―ノリッチアロマ レギュラーブレンド(ルンゴ)
レギュラーブレンド(カフェインレス) ローストブレンド(ルンゴ インテンソ) アイスコーヒーブレンド
エスプレッソ インテンソ
ラテ(8種類) カフェオレ カフェオレ(カフェインレス) カフェオレ インテンソ
カフェオレ リッチアロマ フラットホワイト ラテ マキアート
カプチーノ アイスカプチーノ
ティー・ココア
(5種類)
ミルクティー チョコチーノ 宇治抹茶ラテ
宇治抹茶 濃い抹茶
スターバックス
(5種類)
スターバックスハウスブレンド スターバックスライトノートブレンド スターバックスコロンビア
スターバックスラテマキアート スターバックスカプチーノ
ウェルネススムージー
(5種類)

※定期購入の箱数にはカウントされません

ネスレ ウェルネススムージー
ケール&フルーツ
ネスレ ウェルネススムージーケール&フルーツ BLUE ネスレ ウェルネススムージー ケール&フルーツ GREEN
ネスレ ウェルネススムージーケール&フルーツ RED ネスレ ウェルネススムージーケール&フルーツ YELLOW
ウェルネスミルク
(8種類)

※定期購入の箱数にはカウントされません

ネスレ ウェルネスミルク
“キレイ”な毎日をサポート
ネスレ ウェルネスミルク
忙しい毎日をサポート
ネスレ ウェルネスミルク
“スッキリ”した毎日をサポート
ネスレ ウェルネスミルク
“イキイキ”した毎日をサポート
ネスレ ウェルネスミルク
おやすみをサポート
ネスレ ウェルネスミルク
歩くチカラをサポート
ネスレ ウェルネスミルク
考えるチカラをサポート
ネスレ ウェルネスミルク
“さらさら”をサポート
 
ネスレ ウェルネス抹茶
(5種類)

※定期購入の箱数にはカウントされません

ネスレ ウェルネス抹茶 BLUE ネスレ ウェルネス抹茶 GREEN ネスレ ウェルネス抹茶 RED
ネスレ ウェルネス抹茶 YELLOW ネスレ ウェルネス抹茶 カロリミット  

ドルチェグストで楽しめるメニューは何と46種類!スタバとコラボしているコーヒーも飲めますし、ファンケルと共同開発したグリーンスムージーやウェルネス抹茶カロリミットもあるんです!

こんなに豊富なメニューを選べるのはドルチェグストだけ。どれを注文しようか迷いますね。

※ウェルネスシリーズは定期購入の箱数にはカウントされません。ご注意ください。

バラエティカプセルセット

もし、ドルチェグストの定期便にすると、なんと無料でバラエティカプセルセット(17杯分1,480円相当)がついてきます!これでドルチェグストの代表的なカプセルがすべて味わえるので、一度定期便でこのセットをもらってからじっくり考えるのも楽しいですよ♪

まとめ

コーヒーをとにかく手軽に、美味しく飲みたい人には圧倒的にバリスタがおすすめです。味も均等にできるので、忙しい朝や会社での来客用にも最適です。

一方、ドルチェグストはバリスタよりもややコストと手間はかかるものの、カフェに行くよりは値段が抑えられて豊富なメニューが楽しめます。

また、職場においておける手軽なコーヒーマシンとしてもバリスタはむいていますね。

皆さんもバリスタ・ドルチェグストで豊かなコーヒーライフを送ってくださいね。

ドルチェグスト公式サイト

バリスタ公式サイト