コーヒー

コーヒーの健康効果は?飲みすぎは体に悪影響?まとめ

コーヒー大好きな私はついつい1日2~3杯飲んでしまっています。でも飲み過ぎたらカフェインのせいなのか寝付けなくなってしまうことがあるんですよね。(もともと寝つきは良い方なんですけどね)

皆さんはどのくらい飲んでいますか?

コーヒーはダイエットにいいとか、飲み過ぎは体に良くない!とか聞くけど本当のところはどうなの?と思いますよね。

ここではコーヒーの健康効果と飲み過ぎによる悪影響をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

コーヒーの2大成分・カフェインとポリフェノールの秘密

コーヒーの成分について語る上で重要な成分がカフェインとポリフェノールです。まずはこの2つの成分について見ていきましょう。

コーヒーのカフェインについて

カフェインの効果は

  • 覚醒作用
  • 集中力・記憶力アップ
  • 消化促進効果
  • 血管拡張作用
  • 利尿作用

など様々です。

特に有名なのが、眠気を覚ます覚醒作用です。この効果を利用して、仕事中などの眠気覚ましとして飲む人も多いかと思います。さらに、カフェインは集中力や記憶力をアップさせる効果があり、これも仕事や勉強などにも最適だといえます。

また、胃液分泌を促進して消化を促す効果や、偏頭痛のときに飲むと血管拡張効果で頭痛が和らぐ、飲みすぎるとトイレが近くなる利尿作用などもあります。

コーヒーのポリフェノールについて

ワインに含まれることでも有名なポリフェノール。実はコーヒーにもワインに匹敵するほどのポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールの効果は抗酸化作用がもっとも有名です。コーヒーのポリフェノールに含まれるのは主に「クロロゲン」です。

クロロゲンは抗酸化作用のほか、血糖値上昇抑制や血圧改善、内臓脂肪減少など多くの効果が認められています。

抗酸化作用とは、いわゆる体の酸化を止めること。体に取り込んだ酸素の1~3%が活性酸素に変化します。この活性酸素は外部から侵入した細菌やウイルスなどから守る働きもある反面、増えすぎると健康な細胞まで酸化させて老化を促進する原因になってしましまいます。

クロロゲンはこの活性酸素を除去する働きを持ちます。

コーヒーの健康効果とは?心臓病・脳卒中リスクを抑える!

コーヒーはカフェイン・ポリフェノールのおかげで集中力を高める・抗酸化作用・血糖値上昇抑制・血圧改善・内臓脂肪減少など様々な効果があることが分かりました。

実は他にも「緑茶やコーヒーを飲む習慣のある人は、心臓病や脳卒中などによる死亡リスクが低下する」といった効果があることが分かっています。これは2015年5月に、東京大学と国立がん研究センターが発表しました。

これは、炎症を予防する効果のあるカフェインと、抗酸化作用を持つポリフェノールの相乗効果によると考えられています。こうしたことから、コーヒーは健康効果が高い飲み物として有名になりました。

コーヒー飲み過ぎによる悪影響はないの?

それでは、コーヒーを飲みすぎることによる悪影響はないのでしょうか。答えはもちろん「悪影響あり」が正解です。何事もほどほどが一番ですね。

悪影響として

  • 胃液分泌過剰による胃痛
  • 糖尿病リスクが高まる
  • 鉄分・ミネラル・ビタミンなどの吸収阻害
  • 睡眠の質の低下

が挙げられます。

特に、糖尿病リスクが高まるのは驚きですね。実はコーヒーを1日5杯以上飲むと、インスリンの働きが鈍り、糖尿病リスクが高まると言った報告があります。

また、鉄分が胃の中での吸収が阻害されたり、利尿作用によってミネラルやビタミンが吸収される前に排出されてしまうと言ったデメリットがあります。

では、こういったコーヒーのデメリットを受けないような適切な量はどのくらいなのでしょうか。

コーヒーは1日3杯がベスト

コーヒーの健康効果を最大限活かせるベストな量は3杯まで。飲みすぎても5杯は超えないようにしましょう。

1杯目は朝の目覚めに。2杯目は昼食後、そして夕方に3杯目を摂取するようにしましょう。夜に飲むと睡眠の質を下げる可能性もあります。なるべく早い夕方に飲むのがおすすめです。

コーヒーのカフェイン・ポリフェノールだけでなく、香りはリラックス効果もあります。眠気覚ましや健康効果だけでなく、友人や同僚、家族と楽しいコーヒータイムは心身の安定をも促進します。

楽しく、美味しくコーヒーを楽しみながら、コーヒーで健康になりましょう!